自分好みのかわいいカーテンを手に入れたい!オーダーカーテンと既製品との違いについて

自分好みのかわいいカーテンを手に入れたい!オーダーカーテンと既製品との違いについて

オーダーカーテンと既製品の基本的な違い

オーダーカーテンは、既製品とは異なる違いがいくつもあります。
最も異なるのは完成したときのサイズ感で、既製品に基本的に3種類しかありません。
そのため窓のサイズに合わないケースも多く、デザインはかわいいのにお部屋の雰囲気を台無しにしてしまいます。
オーダーカーテンは既製品とは違い、サイズを1cm単位で注文可能です。
窓の大きさを正確に測ってから注文をすれば、お部屋に適したデザインでありながら見栄えの良いカーテンを取り付けられるでしょう。
またオーダーカーテンは、既製品とは違いデザインの種類が豊富です。
色や柄などさまざまなタイプの生地で作れるので、オーダーカーテンならかわいいを追求できます。
他にもメリットとなる部分には、縫製や生地がしっかりしていて長持ちするなどの特徴があります。
もちろんオーダーカーテンは既製品より高額になるデメリットも存在しますが、それ医以上に魅力的な特徴が多数あるカーテンです。

ヒダの数に違いがあるオーダーカーテンと既製品

オーダーカーテンと既製品の見た目で最も違いが出るのは、ヒダの数です。
オーダーカーテンは完成時の寸法から2倍の生地を使用して作成しているため、数が多くなります。
大きなヒダがゆったりとしているので高級感があり、見た目もかわいいと感じられます。
それに対して既製品は、オーダーカーテンの2倍ヒダよりも少ない1.5倍です。
使用する生地の量が小さくなりますから、当然ながら既製品はオーダーカーテンよりも数は少なくなります。
優美さでは既製品はオーダーカーテンに劣るので、かわいいと思えない仕上がりになってしまうでしょう。
ヒダの数以外にも、見た目でわかる違いはあります。
たとえばオーダーカーテンの裾は、たっぷりと取って何重にも折り返しています。
既製品の裾は幅が短く折り返しも少なくなっているので、カーテンを選ぶときにはこれらの違いを理解しておくと、納得できるかわいいものを選べるようになるでしょう。

まとめ

オーダーカーテンと既製品にある違いは、サイズだけだと思う人が多いかもしれません。
しかしサイズの違い以外にもさまざまな違いがあり、それがかわいい見た目にも影響を及ぼしています。
自分好みのかわいいカーテンを手に入れてお部屋に取り付けたいと考えるなら、自然と選択肢はオーダーカーテンに限られるでしょう。
納得できる理想のお部屋を作るためにも、カーテン選びには妥協せず細部までこだわるようにするのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。